マイホーム計画 ワンポイントアドバイス

2021年 今は建て時?優遇税制をチェックする

とら太郎くん
とら太郎くん
ふくちゃん、2021年今は建てるタイミング?

2021年 今は建て時ですか?

良く聞かれる質問です。

正直、いつが建てたら得なのか、

人によって違うとしか言えないです。

私がマイホームを新築した10数年前は、

消費税は5%でしたし、

土地はすごく安かったし、

建物も今より安かったのですが

金利は今みたいに安くないし

(フラット35も3%前後だったのでは?)

住まい給付金等の優遇措置も無かったし。

正直比較するのが難しいです。

今家を検討されている30才の方は

私が建てた頃は高校生だっただろうし。

昔は良かったですね~といった所で

仕方ないし。私はご家族が思い立って

計画をしてみて、よし!やろう!!って

決めた時が最高のタイミングだと思います。

ちなみに令和3年、今計画されている方に

色々とある優遇措置をご紹介しますね!

使えるもの、使えないものもあるかも

しれませんので、検討している住宅会社さん

に聞いてみて下さいね!

1.住まい給付金

すまい給付金は、消費税率引上げによる

住宅取得者の負担をかなりの程度緩和

するために創設された制度です。

消費税率8%時は収入額の目安が

510万円以下の方を対象に最大30万円

10%時は収入額の目安が775万円以下

の方を対象に最大50万円を給付されます。

住まい給付金のWEBサイトを参考にして下さい!

http://www.sumai-kyufu.jp/

リンク先 国土交通省 住まい給付金ホームページ

上記サイトから自分がいくら受け取れるか

簡単シミュレーションが出来ます。

ふくちゃん
ふくちゃん
今だけのお得な制度です!是非活用下さいね。気を付ける点は、自己申請で申請期限があります。お忘れない様にして下さい。

2.住宅ローン減税

住宅借入金等特別控除(住宅ローン減税)とは、

個人が住宅ローン等を利用して、

マイホームの新築、取得又は増改築等

(以下「取得等」といいます。)をし、

令和3年12月31日までに自己の居住の用に供した

場合で一定の要件を満たすときにおいて、

その取得等に係る住宅ローン等の年末残高の

合計額等を基として計算した金額を、

居住の用に供した年分以後の各年分の

所得税額から控除するものです。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1213.htm

住宅借入金等特別控除

(住宅ローン減税)の詳細

リンク先 国税庁

消費税率10%で住宅を取得し、

2019年10月1日から2020年12月31日まで

の間に入居した場合には、

控除期間が3年間延長されます。

1年間の控除額は最大40万円ですが、

法律で認定された長期優良住宅

・低炭素住宅は上限が50万円となります。

住宅ローン残高に対して1%が還付されると

金利0.5%で借りている人は得する計算に

なります。これを踏まえ、2022年度には

内容の見直しも検討されています。

3.住宅取得等資金贈与の特例

平成27年1月1日から

令和3年12月31日までの間に、

父母や祖父母など直系尊属からの

贈与により、自己の居住の用に供する

住宅用の家屋の新築、取得又は増改築等

(以下「新築等」といいます。)

の対価に充てるための金銭

(以下「住宅取得等資金」といいます。)

を取得した場合において、

一定の要件を満たすときは、

次の非課税限度額までの金額について、

贈与税が非課税となる制度です。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4508.htm

直系尊属から住宅取得等資金の贈与

を受けた場合の非課税について

引用先 国税庁WEBサイト

簡単に説明すると、

住宅取得等資金贈与の特例を利用すると、

父母や祖父母など直系尊属からの贈与が

現状では最大1,000万円(一定条件を満たす

質の高い住宅ならば1,500万円)までが

非課税となり、110万円の基礎控除と併せて

最大1,610万円までの

贈与が非課税にする事が出来ます。

親の力は借りたくない!ってお気持ちは理解

できますが、相続税の基礎控除が2015年に

改定されてかなり少なくなりましたので

この機会に非課税枠を利用する事をお勧め

致します。

ふくちゃん
ふくちゃん
親に言うのは言いにくいですが、結構重要です。将来の節税対策になりますので、是非相談してみてください!

*似たような制度で、相続時精算課税制度

という制度もありますが、こちらは

メリット・デメリットが複雑ですので、

こちらを利用される時は税理士さんか

ファイナンシャルプランナーさんに相談

される事をお勧めします。

簡単に利用しない方が良いかもしれません。

4.グリーン住宅ポイント制度

グリーン社会の実現および

地域における民需主導の好循環の実現等

に資する住宅投資の喚起を通じて、

新型コロナウイルス感染症の影響により

落ち込んだ経済の回復を図るため、

一定の性能を有する住宅を取得する物等

対して、「新たな日常」及び「防災」

に対応した追加工事や様々な商品と交換

できるポイントを発行する制度です。

利用できる方

https://greenpt.mlit.go.jp/

グリーン住宅ポイントの概要

引用元 グリーン住宅ポイント事務局(国土交通省)

新築住宅で30万ポイント~100万ポイントを

頂ける制度。締め切りも2021年10月

(遅くとも)と書いてありますので、

早めに申請してくださいね!

5.まとめ

全国的にかわかりませんが、私の地元では

土地の価格はバブルか!って突っ込みたく

なる位高いです。材料の高騰もあります。

消費税も10%になって何か今は建てる

タイミングじゃないって見方も出来ますが、

それ以上にたくさんの優遇措置があり、

10数年前に建てた私から見ても、本当に

うらやましい限りです。

その外にも登録免許税や固定資産税、

不動産取得税の優遇も延長されていて、

今、検討されてる方もこういう制度をフルに

活用して素晴らしい計画にしていきましょう!

ふくちゃん
ふくちゃん
知らないと損する制度、たくさんあります。是非、活用下さいね!

スポンサーリンク



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です