マイホーム計画 ワンポイントアドバイス

マイホーム購入の時には保険を見直そう!

保険の見直し

マイホーム計画をやるべき時に

行う事といえば、保険の見直しです。

保険と言っても火災保険等、色々あります

が、見直すべきものは『生命保険』です!

家づくりを行う時には出費も多いし、

毎月のローンも大きくなります。

生命保険は初めて入社した会社で

保険会社の人から勧められて入ったまま

とか、親戚のおばちゃんに言われて

入っているとかそういう方も多いです。

住宅購入時は生命保険を見直すチャンス!

と思ってしっかり見直しましょう。

まずは自分が掛かっている保険がどんな

商品かをしっかり把握する事が大切です。

1.そもそも生命保険とは

生命保険とは生活を支える

父や母が亡くなったときに、

残された家族が生きていくのに

必要なお金を作ること。

例えば世帯主でる夫、子育て主婦の妻、

幼い子ども2人の世帯なら、

夫が死亡したあとに妻と子どもが

生活していけるだけの金額(必要補償額)

を確保する事が加入の目的となります。

必要補償額を考える際には

金額はケースによって異なりますが、

次のようなお金が必要とされます。

  1. 食費や光熱費・衣料費などの生活費
  2. 住居費(賃貸ならば家賃、持ち家ならローン)
  3. 子どもの教育費
  4. 葬儀・相続等の費用

これらの金額から入ってくるお金と

自己資金を差し引いたものが

必要保障額になります。

2.自分が加入している保険をチェックする

①自分(妻)が万が一無くなった時

死亡保険金はいくら出るのか?

②自分(妻)が病気になった時

1日いくら保険が下りるのか?

等、チェックする項目はたくさん

あります。

毎月いくら保険を掛けているのか、

それは掛け捨てか、貯蓄型か等

まずは保険証書を出してチェックする。

そして、分からなかったら

加入している保険会社さんに聞いてみる、

もしくはFPの先生に確認してもらう事

が大切です。

現在加入している保険会社さんに聞いたら

保険の更新とか言われて新しい商品を

ご紹介される事がありますが、一旦それは

お断りして今回の保険の見直しの趣旨と

反しない様にしましょうね^^;

3.マイホーム購入時に保険を見直す理由

マイホーム購入時に生命保険を見直す

理由としては大きく2つあります。

一つは

①団体生命保険制度に加入する事

団体信用生命保険とは住宅ローンを

借りている間に借主(夫か妻)が

万が一お亡くなりになったりした際、

住宅ローンの残りが保険で返済される

という保険です。

この事により、上記の必要補償額から

住居費の一部を引いて計算する事が

出来る為、生命保険の死亡保険金を

見直す事が出来るという事です。

過剰に入って毎月の保険金を増やすより

住宅ローンを減らすという方が良い

ケースもあります。

注意点は持ち家でも修繕費や固定資産税

等の支払いもあります。必要補償額から

住居費をすべて無くしてしまって計算

しないようにしましょう!

②医療保険の充実

団信の基本的な保障内容は

「死亡・高度障害」で、「死亡時」と同じような

扱いで保険が下りる事がほとんどですが、

その他の最新の特約を付けて保険料を

支払ってより多くの保障を付加する

ことも可能です。


特に近年は死亡より病気やけがによる

「働けなくなるリスク」が大きいと

考える人も多く、特約の種類が

豊富になっています。

上記の内容で、死亡保険金は必要補償額を

考えて下げる事を見直す必要があり、

病気で働けなくなった時も住宅ローン

の返済は続きますので、医療保険の1日

あたりの保険金額は住宅ローンを含めて

見直す必要(上げる可能性)があります。

4.団体信用生命保険のお勧め特約

お勧めのFP

①がん保険

②3大疾病特約

③7大疾病特約

④全疾病特約

所定のガン、急性心筋梗塞と脳卒中により、

所定の状態が継続した時に住宅ローン

の残高が0円になる特約もあります。

最近では色々な病気も増えた為、

全疾病型も多くなってきました。

団体信用生命保険も特約を充実させると

その分、金利も上がりますので

どこまで充実させるかは検討が必要です。

5.保険の見直しのポイント

保険の見直し

①生命保険(死亡保険)に多く加入

している人は団体信用生命保険で

賄える「住居費」の一部分は

減らす事を考えましょう!

②医療保険(入院時等)を少なく加入

している人は住宅ローンの支払い

も含めて1日あたりの保険額が

不足しないか検討しましょう。

③団信は住宅ローンの主債務者

が入るケースが多いので、

共働きの場合は奥様の死亡保険、

医療保険の見直しも行いましょう。

④保険はたくさん入っている事が

悪い事でもありませんが、

困った時の為の「保険」ですので、

今の状態が正しいのか確認する事

が大切です。保険貧乏にならないように

FP等にチェックしてもらいましょう。

⑤マイホーム購入して毎月のローン

も増えます。保険もしっかり見直し

保険貧乏にならないようにしましょう。

6.まとめ

生命保険は一度加入すると

なかなか見直す機会もなく、

『ただ毎月3万円支払っている』

『死亡したら保険金はいくらか?』

『入院したら1日いくら出るのか?』

『掛け捨てか貯蓄型か』

等、加入している保険を詳しく

しっている人が意外と少ないです。

良く考えるとおかしいですよね!

月3万円と言えば、年間36万円。

20歳で加入して70歳まで継続すると

50年の支払い・・・。

総額1,800万円の保険料となります。

加入していて、50年間健康だった場合、

1,800万円が掛け捨てとなってしまいます。

何かあった時の保険ですので、それも

仕方ありませんが、それでも適正な加入が

必要だと思います。

マイホーム計画時は保険を見直す

機会となります。是非、この機会に

ファイナンシャルプランナーに相談して

保険を見直してみましょう!

専門家FPに無料で保険相談出来る

「保険のトータルプロフェッショナル」さん

です。相談料無料ですので、

一度、保険の見直しを検討下さい!

とら太郎くん
とら太郎くん
ふくちゃん、保険は入ってるけど、自分がどんな保障を受けられるのかしらない人も多いよね。
ふくちゃん
ふくちゃん
保険はマイホーム購入の次に高い買い物という事を知らない方も多いですからね!この機会に是非、保険を見直して欲しいです。

スポンサーリンク



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。