マイホーム計画 ワンポイントアドバイス

マイホーム計画前に必ず行って欲しい家族会議の方法

土地を決める時

住宅会社を選ぶ時

プランを決める時も

どんなキッチンにするか決める時も

家づくりを行う時は

家族会議を行う事が多くなります。

とら太郎くん
とら太郎くん
決める事がたくさんあるし、夫婦間でも意見の調整が難しそう。
ふくちゃん
ふくちゃん
実際に、打合せ中に夫婦喧嘩に発展したり、家づくり自体を止められたりする事もありました。家づくりは、お互いの意見を尊重する事が大切です。

1.5W2Hを書き出してみる

ビジネス用語で良く使いますよね。

5W2Hとは、物事を正確に伝える際に

用いる7つの確認事項の事です。

私は仕事をする上で、

何かを行う時は大体書き出してます。

マイホーム計画の5W2Hの例

When(いつ)?

A.娘が小学校になる前に、来年中にとか

Where(どこで)?

A.○○小学校区で、○○ハウスでとか

Who( 誰が )?

A.夫婦で、夫が(ローンを組む人)

*住宅ローンの借り方は結構

奥が深いのでまた別記事で!

Why(なぜ)?

家賃がもったいないからとか、

低金利だからとか、

住宅ローン減税があるからとか

What( 何を )?

新築住宅なのか中古住宅なのか、

もしくはマンションなのか

How( どのように )?

○○不動産に土地を探してもらいながら、

〇〇工務店で建てようとか

How much (いくらで)?

予算をいくらに設定するのか

となります。

土地や建物、住宅会社さんを決める時にも

このような考え方をすると決めやすいし、

絞り込み安くなります。

せっかくの家族会議を楽しみ為にも

付箋紙とかを準備して、

どんな土地がいいか書き出してみたり、

どんな家に住みたいか書き出してみたり、

夫婦や子どもたちとも

ミーティングの場を作ってみるのも

楽しいかもしれません。

2.まとめ

夫婦や家族で会議を開いて、

仮決定してから住宅会社さんに

行ってみると話がしやすいです。

何も決めずに行くと、

相手プロですので、

上手に誘導

(悪い言い方ではありませんよ!笑)

されてしまう事になります。

お客様「今3歳の子どもが小学校に

上がるまでには建てたいんです」

営業マン「探しだしてすぐ土地が

決まるかもわかりませんので、

買う買わないは別として

土地探しは行っておいた方が良いですよ」

お客様「確かにそうですね、

じゃ、土地探しをお願いします」

営業マン(数日後)「かなり良い物件が出ました。

今決めた方が良いです。値交渉しましょうか?」

お客様「もう買うたる~!!」

となります(笑)。

どんな事でも上手なお話をされる

スーパー営業マンもいますので、しっかり

自分達の計画を立てておくことが必要です。

3.おまけ

ちなみに私の場合ですが、

When(いつ)?

良い物件が見つかったら、

なるべく早い方が良いと考えてました。

Where(どこで)?

妻の実家に近い方が良いかな~と

漠然と考えてました。結局そうしました^^

Who( 誰が )?

共働きではないので私が融資を組みました

Why(なぜ)?

住宅営業マンなので経験が必要という事と、

将来の資産形成として、

月7万円の家賃ももったいなかったし

What( 何を )?

新築住宅を土地から探して

How( どのように )?

自分で土地を探して自社で建てた

少し社割もあった・・・笑

How much (いくらで)

正直安ければ安い方が良かったので、

総額〇〇〇〇万円以内で抑えた

という感じです。

私の場合、

将来帰る実家があるという事もあり、

自宅に死ぬまで住むという事も

考えておりませんでした。

なるべく安く見た目も良い家を建てて、

将来の資産になったらいいなぁ

という目的でしたので、

予算を算出したらそれに合うように

土地、建物、仕様も決めていきました。

予算ありきな計画でしたが、

実際に今は資産となり、

良い計画ができたかなって思っています。

せっかくの家づくり、

みんなで楽しくミーティング(家族会議)

をしながら進めていく事をお勧めします!

ふくちゃん
ふくちゃん
家づくりの目的は家族の幸せの為。でも、きっかけや方法はみんな違います。自分達にあった計画をする為に、ご家族での意見調整の場は必要ですよ!!

スポンサーリンク



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です