予算について

マイホーム計画 土地代と建築費、それ以外に必要な費用

初めてのマイホーム計画、

土地代と家代と合計3,000万円くらいかなと

思って住宅会社に行ったりすると、

大きな間違いでびっくりする事があります。

早い段階で教えてくれる営業マンに

出会ったらいいのですが、意外と総額を言わず

土地探しを勧められたり、

分譲地を勧められたり、

急展開で進んでしまう事もあります。

この記事では土地と建物の費用以外に実際に

いくらくらい費用が必要なのかを概算で

お伝えします。購入時のミスマッチを防ぐ

事が出来ますので、是非最後までお読み

下さればと思います。

1.土地と建物の想定金額

土地と建物以外の費用を算出するに

当たって、想定の費用がないと計算が

できませんので、土地と建物の想定費用を

決めておきます。

①土地代金 1,500万円

②建物工事費 2,000万円

と想定して、その他費用を算出します。

1,500万円の土地を不動産屋さんと探して

建築会社に問い合わせたら35坪だと

2,000万円くらいと言われたご夫婦は、

総額3,500万円だと思ってしまいます。

いくらかプラスになるだろうと予測は

していても、これほど増えるとは

思わない方が多いと思います。

それでは、その他、かかるであろう

費用を書いていきます。

2.土地代で入っていないと思われる費用

土地代と別にかかる費用としては

①仲介手数料 約56万円

②所有権移転費用 約30万円

③固定資産税清算金 +@

④下水道負担金、水道加入金

⑤農地転用や地目変更等(未定)

合計 約100万円前後となります。

仲介手数料は建築会社の建築条件付

の宅地販売の時には建築会社が売主

となる為、不要な事もありますが、

一般的に不動産会社さんにお支払い

する仲介手数料は必要だとお考えに

なっておいた方が良いかと思います。

下水道負担金や水道加入金、

農地転用は土地のエリアや条件に

よって金額が変わりますので、

全国的に一律では計算できません。

その他、購入条件次第では「開発費用」

「確定測量」が買主負担とかになって

しまう可能性があります。その場合、

50万円~100万円程度の費用が

かかったりする事もあります。

3.建物代で入っていないと思われる費用

*もしくは確認しないといけない費用

①外構工事費用 約100万円~200万円

②照明器具・カーテン 約50万円

③杭工事・特殊基礎工事 約100万円

④オプション費用 約0万円~必要分

⑤消費税 200万円~250万円

上記合計 約450万円~600万円

       +オプション工事

その他、上下水道引き込み工事費用、

擁壁工事費用、都市ガス引き込み費用

浄化槽費用、電気引き込み費用等

その土地によって金額は変わりますが、

色々と別途費用も予測する必要が

あります。

4.住宅ローン等諸費用

住宅ローンの諸費用としては

①保証料(保証協会に支払う費用)

②団体信用生命保険料(フラット35の場合)

③借入手数料(銀行によって異なる)

④金銭消費貸借契約印紙代

⑤つなぎ融資金利(つなぎ金額、金利によって異なる)

⑥つなぎ融資手数料(銀行によっても異なる)

⑦抵当権設定登記費用(借入額によって異なる)

があります。銀行によっては上記を足すと

100万円を超える銀行もあります。

保証料は金利に上乗せされるケースが

多いと思われますので、初期費用には

出てきませんが、それを抜けても、

最低でも20万円程度は必要になると

思われます。

5.税金関係費用

税金関係費用は主に

①契約印紙代(土地、建物)

②固定資産税清算金(土地)

③登録免許税(家屋保存登記)

④不動産取得税(土地・建物)

⑤贈与税(もらった人だけ)

があります。

こちらも住宅ローンの諸費用同様

算出するのが難しいので、金額までは

出せておりませんが、少なくても

数万円は必要になると思います。

特に贈与税については失敗すると

かかってくる税金も大きいので、

注意する事。

例えば、確定申告の時期は絶対

間違わない。贈与をしてもらった

年の翌年に確定申告を行わないと

いけませんので、要注意です!!

6.その他の費用

その他の費用としては

①お引越し費用

②上棟時、地鎮祭時の費用

③入区費や組費

等が必要になります。

こちらもどこまでするかによって

金額は変わって参りますが、最低でも

10万円~20万円くらいは予算取り

しておいた方が良いかと思います!

7.家電・家具、小物関係の費用

忘れてはいけない費用がこちら!

【家電】 

エアコン、テレビ、ブルーレイ、洗濯機、

掃除機、冷蔵庫、除湿器、加湿器、その他

この際買い換えようという家電も多いはず。

これらの予算も考えておかないと

あとで大変な事になりますよ!!

【家具】

ベッド、机、ダイニングテーブル、

リビングテーブル、ソファー、

お布団、座卓等。特にリビングに

置くソファーだけで〇〇万円を

超えてきます。

【小物関係】

キッチンマット、バスマット、

玄関の飾り、座布団、スリッパ、

カーペット。小物関係だけでも

きっと数万円になります。

何が必要なのか書き出して、

おおよその予算を算出する事を

お勧めいたします。

7.まとめ(合計)

土地1,500万円、建物2,000万円と

聞いてスタートした家づくり。

蓋を開けてみたらびっくり!!

とならないように、土地と建物以外の

費用をしっかりご確認頂く為に

今回の記事を書きました。

ちなみに、上記を合計すると、

600万円~1,000万円位は別に考えて

おかないといけない計算になります。

3,500万円と思ってスタートしたら

4,000万円の大台をはるかに超えた

という事になると、お支払いの計画も

大幅に変わって参ります。

今回の記事を参考にして頂いて、

入っているもの、入っていないもの。

必要なもの、必要でないものを

あらかじめ、住宅会社さんにご確認

頂けたらと思います。

とら太郎くん
とら太郎くん
ふくちゃん、土地代と建物代以外にそんなにかかるんだね~!!知らなかったからびっくりしたよ~!!
ふくちゃん
ふくちゃん
とら太郎くん、良い営業マンはある程度は教えてくれると思います。でも、すべてを教えてくれる営業マンはなかなかいません。今回の記事は家づくりを行う前に是非読んでおいて欲しい内容です。

スポンサーリンク



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です