住宅会社選び

初めての家づくり モデルハウス見学7つのポイント

家づくりを始めようと思ったら

まずはインターネットで調べて

住宅会社のモデルハウスや、

見学会等のイベントに参加する人が

多いと思います。

総合展示場に行くと、やり手の

営業マンにつかまり、1社で2時間も

3時間も話してしまって、時間が

無くなったという人も多いと思います。

1社で2時間も3時間もというのは

住宅会社にとっては作戦みたいな

もので、他の会社さんに行かないように

頑張っているからという事でも

あります。

家づくりは意外と衝動買いになったり

する事もあります。何故なら初めての

買い物だから勝手がわからず、営業マン

のペースになってしまうからです。

モデルハウス見学の際は事前に

見に行きたい会社さんを選んでおいて、

予約を入れておく事をお勧めします。

そうする事で、予定通りの時間で見学

が出来ます。

気になった会社、もう少し話を聞きたい

会社があれば後日再度予約をするように

しましょう。

今日はモデルハウス見学のポイントを

ご紹介します。たくさんの会社さんを

しっかり見て、ご家族に合う家づくり

が出来るように頑張って下さいね!

1.モデルハウス見学ポイント『間取り』

人の家の間取りを見る機会は

ほとんどないですよね!

間取りを見れるのは実家くらい?

友人の家でもなかなか見る事が

出来ませんので、モデルハウスでは

間取りはしっかり見させて頂き

ましょう。

家事動線、部屋間の移動のしやすさ等

居心地、住み心地をチェックします。

もっとも、モデルハウスは建坪が

80坪とか100坪とかあったりしますが、

実際の家は30坪~40坪程度ですので、

そのあたりは考慮しながらみましょう。

大事な事は『生活動線』ですので、

玄関からキッチン、キッチンから水回り

への動き等もチェックしてみましょう。

数社回ったら、どこの会社の間取りが

良かったとか、どんなところが良かった

等をメモして後で参考にしましょう。

2.モデルハウス見学ポイント『素材』

チェックポイント『素材』ですが、

家づくりには本当にびっくりする位

たくさんの素材が使われています。

そして、何を使うかによって、金額が

大きく変わりますので、どんな『素材』

があるのか。

そして、その『素材』の特徴や費用面も

しっかりチェックしましょう。

費用面も会社によって違うので、

1社聞いたからいいやって思わずに

同じ素材でも、気になる素材は各社に

聞くようにしましょう。

『素材』ですが、屋根材、外壁材、

コーキング材、タイル、玄関ドア、

サッシ、床材、内装材等、本当に

たくさんの素材がありますので、

色々な会社さんのモデルハウスを

見て、自分達が採用したい素材を

メモしておく事が大切です。

3.モデルハウス見学ポイント『設備』

『設備』とはキッチンやユニットバス、

洗面台や便器、エコキュートやエネファーム

太陽光発電システムや床暖房等が

あります。モデルハウスには最新の

設備が揃っていますので、

メリット・デメリットも含めて

色々勉強するチャンスです。

会社によって勧めてくる設備も

違ってくると思いますので、

より自分達に合ったものを採用

出来るようにしっかりチェック

しておく事が大切です。

また、自分達にとって本当に

必要なのか、それとも合ったらいいね

程度のものなのかも夫婦で話し合う

ようにして行きましょう。

何でも取り入れるとびっくりする

くらい高くなります。

4.モデルハウス見学ポイント『デザイン』

デザインは各社、特徴が出ます。

どんなテイストを得意としているのかを

見て、好みの会社を選びましょう。

和風を得意としている会社に

地中海風を求めるのは難しいし、

シンプルモダンを求めるのも

難しいです。

モデルハウスでは各社のデザインの

特徴を見て、好みに合わない会社は

住宅会社選びから外して行きましょう。

5.モデルハウス見学ポイント『価格帯』

予算的に買えないクラスの会社さんを

いくら検討しても難しいし、それを

買うために返済負担率を無視した

資金計画を組んだり、家が異常に

小さくなったりするのは良い計画

とは言えませんので、価格帯は

さりげなく聞いておきましょう。

買えない訳ではないっていうのが

一番怖いです。

ローンは組めるけど・・・

返せるの?って計画。

そういう計画にだけはならないように

して欲しいので、モデルハウスでは

価格帯をしっかりチェック。

予算に合わない会社は除外しましょう。

6.モデルハウス見学ポイント『営業マン』

営業マンのチェックポイントは

別の記事でも書きましたが、

家づくりの計画において最重要と

言っても過言でないのが住宅営業

です。担当者の知識で大きなプラス

をもたらしたり、知識が乏しければ

大きな損失となります。

営業マンの熱意、知識、経験を

しっかり見極めて行きましょう。

住宅業界の悪い慣習ですが、

始めてモデルハウスで対応した

営業マンが貴方の担当になります。

ちょっと運もあります・・・笑

もし、どうしても難しいと判断したら

担当を変えてもらうように話す事を

お勧めします。

(合う合わないもあるから

仕方ないと思います)

7.モデルハウス見学ポイント『会社の雰囲気』

いきなり本社や支社の雰囲気を

見る事はできませんので、まずは

モデルハウスの雰囲気を見てみましょう。

営業マン同士の雰囲気、

他のお客様との応対の仕方、

女性のパートさんが笑顔で働いてるか、

細やかな気遣いが出来ているか等です。

一生に一度の家づくりです。

出来れば雰囲気の良い会社と

末永くお付き合いして頂きたいです。

住宅会社はフランチャイズも多いので、

会社名はビッグネームなのに加盟店は

小さいという事もあります。

小さいから悪いという事はありませんが、

知っておくべき事だと思いますので、

ホームページの会社概要はチェック

しておきましょう。

8.まとめ

モデルハウスにはその会社の実力が

すべて盛り込まれているといっても

過言ではありません。

ちょっとした心遣いや気遣いも

会社の雰囲気から来ている事もあり、

その会社のお客様に対する『姿勢』や

『考え方』に繋がっているといって

いいのではないかと思います。

そんなモデルハウスだからこそ、

ちょっと違うかなーと思ったら

止めておいた方が良いと思います。

デザインが気に入ったからと言って

進めていても、営業とウマが合わない

状態で進めると失敗します。

モデルハウスは家づくりの第一歩です。

ここで決めてしまうのは本当に怖いので

会社選びはこれからスタートくらいの

気持ちで行きましょう。

モデルハウス見学の次のステップは

構造見学会や完成見学会です。

色々なステップを踏んで、本当に

その会社で良いのかを考えて

行きましょう。

とら太郎くん
とら太郎くん
ふくちゃん、はじめてのモデルハウス見学はちょっとビビるね!!
ふくちゃん
ふくちゃん
モデルハウス見学は誰でも通る道ですので、気後れせずにたくさんの会社を見てみましょう。楽しみながら出来れば1社でも多い方が勉強になると思いますよ。

スポンサーリンク



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です