予算について

住宅ローン 適正借入額を算出 返済負担率について

ふくちゃん
ふくちゃん
こんにちは、とら太郎くん、返済負担率って聞いた事ある?
とら太郎くん
とら太郎くん
聞いた事ないです。教えてくれますか?

予算の決め方には色々と方法がありますが、

簡単にわかる目安の算出方法を紹介します。

ふくちゃん式、予算の出し方(パクリ)

私としては年齢が30代前半くらいの方に

当てはまる計算式かなって思いますが、

30才~40才くらいの方、

是非、参考にしてみてください。

ちなみにこの方法は「返済負担率」

を算出する方法で「返済負担率」は

「税込年収」の内、「住居費」の割合を

算出して予算の目安を出す方法です。

例えば、

年収400万円の家庭で、

家賃と駐車場代合わせて

月7万円(年84万円)という人は

年間の住居費84万円÷年収総額400万円

=21%となり、年収の21%を住居費が

占めるという計算になります。

ご家族の趣味や年収の総額

によっても変わりますが、

●借入限度額(銀行さんが貸してくれる

       限度の割合)がだいたい30%~35%

●無理なく支払えるであろう割合

       がだいたい20%以下

●土地から購入する方の多くの方が25%前後

といった感じです。

ふくちゃん
ふくちゃん
もちろん家族によって違いますので、あくまでもご参考までに計算してみてくださいね!

計算してみて下さい。

奥さんのパート代を加えて計算するかは

それぞれの判断で良いと思いますが、

私は奥さんのパート収入は

『将来の繰り上げ返済用』

として考えてこの計算年収に入れない方

リスク回避として良いと思います。

ちなみにこの計算は簡単ですけど、

意外と参考に出来る数字が出ます。

25%だったら、あーそこそこ

頑張らないとな~って思いますし、

30%を超えると支払いが厳しいと

判断される方が多いと思います。

この計算に当てはまらないのは

  • これから年収がどんどん上がっていく20代の方
  • 年収がピークに近い40代の方

ですかね・・・。

まだ年収が低いはずの20代の方が

この計算で予算を算出すると将来、

年収が上がった時にあーこうしておけばよかったー

と後悔するかもしれませんし、

40代の年収がピークに近い人が

この計算で予算を算出すると借入出来る金額が

大きく出すぎて、定年とか完済年齢とか

考えると毎月の資金が不足する

可能性が出てきます。

ふくちゃん
ふくちゃん
大事なのは無理なく、長期間払っていけるかって事です。

スポンサーリンク



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です