住宅ローンについて

年収300万円 住宅ローンの借入額は?

年収300万円の住宅ローン

年収300万円の人がマイホームを考えた時

住宅ローンがいくら借りれるのか気になる

と思います。

借入が可能な額、つまり借入限度額は計算で

簡単に算出する事が出来ますが、

実際には35年間支払って行く必要が

ありますので、適正な借入額かどうかを

しっかり考えて頂けたらと思います。

1.年収300万円手取り額は?

年収300万円の方の手取り額は約240万円

ボーナスを考えないと、月20万円の手取り

となります。

月20万円から家賃、食費、光熱費、通信費、

娯楽費、交際費等を差し引いて残った額が

預金となります。

年収300万円の方の毎月の預金額は約3万円

となります。友人の結婚式1回で吹き飛ぶ額

ですね・・・(><)

結婚式貧乏という言葉が生れる訳です・・・。

2.年収300万円借入限度額は?

適性借入額

年収300万円の借入限度額は、フラット35

金利1%、35年ローン、他の借入が無い

という条件で

『2,656万円』となります。

自己資金が350万円の方でしたら

約3,000万円のマイホームが購入可能です!

ちなみに、その場合の毎月の返済額は

毎月約『7.5万円』となります。

いかがですか?35年払って行けそうですか

3.年収300万円適正借入額は?

お勧めのFP

年収が300万円と仮定した場合の

借入適性額は1,770万円~2,125万円程度

と考えます。返済負担率20%~24%で計算

してみました、この借入額で月々5~6万円

の支払いとなります。

まずは自分が毎月無理なく支払って行ける額

がいくらなのかを算出して、住宅ローンの

額を決めていく方法をとらないと35年という

長期計画ですので、支払いが

成り立たなくなり可能性があります。

もちろん年齢がお若い方で今は年収300万円

だけど、5年後、10年後には400、500万円

になるという方には当てはまりませんが、

年収アップの見込みが薄いと思われる方は

あまり無理すると後々大変な事になるので

良く考えて計画をする事が大切です。

4.年収300万円からの収入アップ方法は?

年収を上げる方法としては

①昇給・昇格を狙う!

今の仕事を頑張って成果を出して

会社から評価をもらう事。

残業もバリバリ頑張って残業代も

評価もWで勝ち取る!!王道!!

②資格取得に取り組む

会社の規定の資格手当一覧を見て

得意分野があれば是非挑戦してみては

いかがでしょうか?

私も宅建士、建築士、FP、危険物

賃貸不動産経営管理士、1種衛生管理者

等を取得して所得アップしました。

ちなみに1種衛生管理者は月2,000円だけの

アップですが、年収2万円UPですからね!

ばかには出来ません^^

③副業する

最近は在宅ワークの副業も増えてきました。

仕事から帰って来て数時間在宅ワークって

いう方法もありますし、私のようにブログや

Twitterでお小遣い稼ぎをする事も出来ます。

いろんな副業がありますので、

YouTubeとか見て楽しく学んでみては

いかがでしょうか?リベ大とかお勧めです^^

④転職する

年収300万円で、上司や先輩の給料も

変わらないという会社であれば、よっぽど

その他の待遇(完全週休二日、残業ゼロ、

有給完全消化、とっても働きやすい環境)

が良い場合以外は転職も視野にいれるのも

方法だと思います。

以前、IT関係の仕事をされてたお客様が

転職しただけで年収が2倍になったって

仰ってありました。同じ仕事でも務める

会社でそれだけ変わる可能性があるという

事も頭の片隅に入れておきましょう。

5.まとめ

私は仕事柄、いろんな職種の方のお給料を

たくさん見てきました。

同じ職種の方でも、2倍の差があったりする

事もあり、会社の規模や会社の考え方で

こんなにも違うんだなー

と感じる事は多いです。

20代で年収300万円という事であれば

全然おかしなことではありませんが、

30代、40代で年収300万円というのは

正直少し安すぎると感じます。

もちろん会社の業績によってというのも

わからなくはないですが、会社員も

自分の人生の時間を削って仕事をしている

訳ですので、労働に見合った給料を

頂くのは当然の権利だと思います。

これからは副業OK!という会社も

増えてくると思いますし、在宅ワークで

出来る副業も増えてきますので、転職は

したくないという方も是非、在宅ワークで

収入を増やしてみてはいかがでしょうか?

今の職場で無理なくマイホームの計画を

される方は住宅会社の営業マンのトーク

に乗って高い買い物をしないように、

是非ファイナンシャルプランナーに相談

して適性な借入額を算出してもらって

下さい。

こちらのFP相談は無料で相談を受ける事が

出来ますので、家づくりをお考えの方は

是非ご相談してみてください。

必ず参考になります。

とら太郎くん
とら太郎くん
ふくちゃん、住宅ローンは人生を左右する大きな選択になるよね。
ふくちゃん
ふくちゃん
とら太郎くん、だからこそ、住宅営業マンの話だけでなく、第三者の話も聞いてみて絶対失敗しない資金計画を行うべきだと思います。

スポンサーリンク



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。