ふくちゃんのひとりごと

サラリーマンの極意 会社員を楽しもう

今日はサラリーマンの極意です。

あくまでも私が考えた私の価値観

なので、絶対ちがーう!って

半数の人は思うかもしれません。

でも、私は20数年間サラリーマンを

やってきて、今でこそ、

そこそこ出世もしたし

そこそこの年収ももらえるように

なりましたが、それなりの苦難も

たくさんありました。

その中で編み出した極意。

ふくちゃんの考えを書きますね!!

参考にする人だけ読んでくださいね!

1.価値観は人によって違う

仕事の目的や仕事に対する考え方は

人によって違います。

年齢によっても、性別によっても

全員が違うといっても過言ではありません。

それなのに、自分の考えと違う

考えの人を見たりするとなんとなく

不愉快な気持ちになったりします。

それは知らず知らずのうちに

自分の考えと違う人を否定して

しまっているのです。

若い時の苦労は買ってでもした方が

自分の為だよって、私は本気で思って

いますが、それをすべての人が

受け入れる訳でもなく。

ただの有難迷惑なおじさんになって

煙たがられる存在になります。

会社は価値観が違う人の集団です。

人の価値観を否定しないようにしましょう。

2.価値観を押し付けない

特に上司やリーダーにありがちな事です。

回りにいませんか?

『こうあるべきだ』という『べきだ論』

を振りかざす上司。

正しい事をいっている人も多いのですが、

相手の価値観に目を向けず、

ただ自分の価値観を

『こうあるべきだ』で押し付ける。

こういう組織は本当に息苦しいです。

私は楽しく仕事をしたいので、

人の価値観は否定せず、してほしい事や

指摘しないといけない事は事実だけを

伝えて指摘するようにしています。

なんで『べきだ論』が悪いのかって。

視野が狭い組織になるからです。

松下幸之助翁レベルの人から

『こうあるべきだ!』と教えられたら

ははーって聞きますけどね!!

3.みんな頑張ってる

社長も役員も上司も部下も、

他の部署の人もみんな頑張ってるって

尊敬しましょう。

隣の芝生が青く見えて、あの人仕事

してないのに出世が早いとか。

ボーナスが多いとか。そういう事を

考えるのは時間の無駄です。

評価は他人がするものですし、

考えても一緒なので、みんな頑張ってる

って思って仕事をした方が気が楽です。

もちろん、評価は他者が行いますが、

頑張ってる自分は自分で褒めて

あげましょうね!!

私も、今日はご褒美だ~って言って、

焼肉ランチに行ったりします^^

4.自分を犠牲にしない

世の中にはブラック企業だか

ブラック上司だかわかりませんが、

重労働を強いて、社員の方が命を絶つ

なんて痛ましい報道があったりします。

私はそこまで自分を犠牲にしないように

しないといけないと心から思います。

私も実はそういう経験があります。

その時は自分で自分の状態がわからず

どうしようもない心になっていました。

私は回りの助けもあり、なんとか

復活出来ましたが、そういう時は

無理をしないで有給を使う。

残業もしない。苦しい時は病院に

行ってみる等、自分で自分を労わって

欲しいなって思います。

私は自分がそういう体験をしたから、

回りの人に気を配る事が出来ます。

あのコ大丈夫かなって気にかけてます。

仕事は仕事。人生のすべてではないって

少し気楽に考えて行きましょう。

5.人を貶めない

自分の出世の為だとか。

自分が叱られないようにだとか。

誰かが悪い事をしたら『事を責めずに、

人を責める』。

そういう上司や同僚がいる会社だったり

そういう社風の会社はキツイですね。

誰かがミスしたら「あいつはいっつも」

とか人を責めてしまう。

誰かがミスをしたらなぜそんなことが

起こったのかを反省して、ミスした人を

助けてあげる。組織でカバーしていく。

そういう会社にしないといけません。

遅刻?そりゃーダメですよ。

でも、私達は人間です。

寝坊くらいしますし、寝坊したって

反省してる社員を怒鳴る必要あります?

私は無いと思います。

(何度も叱られて当然ですが・・・笑)

6.今の会社だけが仕事ではない

会社に執着してしまうと、

今の会社がすべてという考えになって

しまいがちです。私のように長く勤めて

いると、本当にお世話になってますし、

めちゃくちゃ感謝もしています。

でも、会社がすべてではありません。

私達には家庭があったり、自分自身の

趣味もある。会社以外に必要な時間は

山ほどあるはずです。

仕事ばっかりしてきて、定年退職したら

奥さんがいなくなって・・・。

友達もいなくて、趣味も無い・・・。

こんなに頑張ってきたのに~って

なっても遅いです。

今のうちから会社の仕事だけでない

自分の時間、家族サービス、旅行等

しっかり楽しむ事が大切です。

7.まとめ

サラリーマンの極意って書いて、

仕事ばっかりするな!みたいな事を

書きましたが、決してそうではなく。

仕事中は真剣に、サボったりせずに

一生懸命頑張る事が前提です。

その上で、上記に書いたような事を

頭にいれてサラリーマン生活を

送ってもらいたいな~って思います。

特にサラリーマンは今の会社がすべて

というように『視野』が狭くなる事が

ありますので、視野を広げて、色んな道が

ある事を知って頂きたいと思います。

サラリーマンも決して悪くないです。

自分の周りのみんなと笑って楽しく

サラリーマン生活を送りましょう。

それがサラリーマンの極意です!!

スポンサーリンク



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です